無駄な医療

公開日: : 人間ドック, 健康診断, 医療

日経新聞の書評で、挑戦的なタイトルの本を紹介していた。

「絶対に受けたくない無駄な医療」 日経BP 室井 一辰著

 

日本の医療は、薬漬けやレセプト目当ての検査など、医療費の増大に歯止めがかからないことが問題になっている。

知り合いの看護師の話では、90歳を超えた寝たきり老人に大掛かりな検査をしばしば行うらしい。

病気であることは間違いないのだが、もはや老衰で、治療をしても治る前に寿命が来るのは明白であってもだ。

それどころか、検査をすることにより身体に負担をかけてしまい、逆に寿命を縮めてしまう。

検査の途中に心配停止して、病院の責任問題になるので、必死で蘇生させてるらしい。

 

本書は、主にアメリカでの無駄な医療の報告書に基づいて書かれている。

一貫して、むやみに大掛かりな検査を行うのではなく、リスクグループと発見率と効果を勘案するように説いていると感じた。

最近話題になったHPV検査も若い女性には実施しないようにと報告されている。

 

日本人は、変なところで生真面目で、0.1%でも可能性があるなら検査を実施せよという雰囲気がある。

それを否定すると、「もし見逃していたら責任を取れるのか」とか言い出す始末だ。

 

生体検査、生理検査、血液検査など。どんな検査であっても多少なりとも「副作用」がある。

以前にも書いたがCT検査は放射線被爆の問題があり、胃カメラもカメラを挿入することで、食道や胃の内部を通るときに擦ったりして、全く無傷ではない。

 

検査を行う際には、リスクと効果の比率を勘案して、実施するかどうかが必要である。

医者の的確な判断が求められるが、日本の医者に可能だろうか?

疑問に思う。

 

ad

関連記事

no image

すべては9年前の人間ドックからはじまった・・・・・・

9年前。 はじめて人間ドックなるものを受けた。 最初は初めてのことに緊張し、いわれるがま

記事を読む

no image

ZTT・TTTでなにがわかるーーー肝機能障害の検査項目

肝機能の血液検査で、ZTTとTTT(チモール)は人間ドックに含まれていることが多い。 &nbs

記事を読む

no image

クローン病と潰瘍性大腸炎

BSのディーライフで「ドクター・ハウス」というアメリカのテレビシリーズにはまっている。 医学用

記事を読む

no image

eGFRで腎機能低下を知る

最近、テレビの健康・医療番組で慢性腎臓病(CKD)について特集されることが多い。 その指標とし

記事を読む

no image

コリンエステラーゼ(CHE)で何がわかる?---肝機能障害の検査項目

肝機能に関する検査項目でコリンエステラーゼ(CHE)がある。 この検査項目単独で、何かの病気・

記事を読む

no image

逆流性食道炎と胃食道逆流症

人間ドックのトリビア。   知人の人間ドックで、「逆流性食道炎」という所見がつ

記事を読む

no image

人間ドックの結果をがん保険や生命保険の審査に使うと面倒なことになる

人間ドックの結果を、保険会社の外交員にそそのかされて、保険の審査の資料として提出した人は多い。

記事を読む

no image

コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異常かを判断する基準が少しややこ

記事を読む

no image

ALPで何がわかる?---肝機能障害の検査項目

ほとんどの人間ドックの検査項目に含まれている血液の検査項目で、ALP(アルカリホスタファーゼ)がある

記事を読む

no image

HBs抗原・HBs抗体・HCV抗体と肝炎

肝機能障害と人間ドックに関するトリビアをひとつ。 肝臓の病気で、一般によく知られているのが、B

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑