大腸ポリープが癌に変化することがある

公開日: : がん保険, トリビア, 人間ドック

知り合いの弟さんが、癌で手術をしたという。

話をしてくれた知り合いも、さっき聞いたばかりで、秘密にされていたとのこと。

 

大腸がんだということなので、初期の状態のうちに内視鏡手術で簡単に切除できたのだろう。

術後検査を含めても数日で終わる。

今後は、定期的に再発・転移の経過観察のための検査をうける必要がある。

 

秘密にされた方はとんでもない非常識だと言っていたが、初期の大腸がんは比較的簡単で生存率も高い。

心配させないように、手術後に連絡したのかもしれない。

 

しかし、弟さんの年齢は41歳なので、若いといえば若い。

大腸にポリープがあるのを、放っておいたらしい。

良性か悪性かも確認していなかったようだ。

大腸がんは進行が遅いので初期ならば、1,2年は大丈夫だろうが、早めに確認した方がよい。

 

また、大腸ポリープは良性であっても、癌に変化する確率が高いので、数年に一回は検査するか、大きくなったら切除した方がよい。

 

がん保険に加入していれば、手当がでるので経済的に助かるだろう。

誰でも発症することがありうるので、安心のためにも加入しておく方がよい。

がんの手術をした後で、加入するのは難しいだろうから・・・・

 

ad

関連記事

no image

胸部CT検査と放射線と喫煙と

私の肝機能障害とダイエットには関係ないが、私が人間ドックについて調べた結果、「へぇー」と思った知識を

記事を読む

no image

eGFRで腎機能低下を知る

最近、テレビの健康・医療番組で慢性腎臓病(CKD)について特集されることが多い。 その指標とし

記事を読む

no image

総ビリルビンでなにがわかるーーー肝機能検査の検査項目

総ビリルビンは、ほぼすべての人間ドックの血液検査項目に含まれている。   古く

記事を読む

no image

無駄な医療

日経新聞の書評で、挑戦的なタイトルの本を紹介していた。 「絶対に受けたくない無駄な医療」 日経

記事を読む

no image

全大腸内視鏡検査は簡単に実施できない

相変わらずテレビ番組で、人間ドックや医者が出演する”医療情報番組”が多い。  

記事を読む

no image

意外と有用な便潜血による大腸がん検査

今回も人間ドックの検査に関する「トリビア」をひとつ。   ほとんどの人間ドック

記事を読む

no image

ALPで何がわかる?---肝機能障害の検査項目

ほとんどの人間ドックの検査項目に含まれている血液の検査項目で、ALP(アルカリホスタファーゼ)がある

記事を読む

no image

コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異常かを判断する基準が少しややこ

記事を読む

no image

人間ドックの結果をがん保険や生命保険の審査に使うと面倒なことになる

人間ドックの結果を、保険会社の外交員にそそのかされて、保険の審査の資料として提出した人は多い。

記事を読む

no image

医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数に対してとは別に、”病院の数”

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑