ダイエット開始から3ヶ月

公開日: : がん保険, ダイエット

加糖された缶コーヒーからブラックコーヒーに変え、昼休みの散歩を始めて3ヶ月がたったころ。

体重は2キロくらい減少した。

ベルトの穴がひとつ余るようになり、昼休みの散歩も楽になってきた。

始めたばかりのころは、身体がだるくなり、午後の仕事がつらく感じていた。

 

ただ3ヶ月目に入りると、体重の減少がとまり、いわゆる停滞期に入っていた。

ここでやめてしまうとリバウンドするという情報もしっていたので、ゆっくり歩く散歩の速度ではなく、大股で歩くようにした。

 

体重が思ったほど落ちないことにイライラし、家に置いてある20年ものの体重計がおかしいと思うようになり、体脂肪計付き体重計を購入した。

 

最新の体重計に祈りながら乗った。

結果は前の体重計と変わらなかった。(ToT)

体脂肪率も29%以上あった。

 

ダイエットを途中でやめる人が多いのがよくわかった。

報われない努力ほど、人を絶望させ、無気力にする。

 

続く・・・・・

 

ad

関連記事

no image

大腸ポリープが癌に変化することがある

知り合いの弟さんが、癌で手術をしたという。 話をしてくれた知り合いも、さっき聞いたばかりで、秘

記事を読む

no image

健康な胃腸にもポリープはできる??

この記事の内容は、看護師をしている知人からのまた聞きなので、本当かどうかの確証はないことをはじめに断

記事を読む

no image

ダイエット開始から15ヶ月

ウォーキングは完全に日課になった。   歩くだけでは負荷が足りなくなり、歩きな

記事を読む

no image

意外と有用な便潜血による大腸がん検査

今回も人間ドックの検査に関する「トリビア」をひとつ。   ほとんどの人間ドック

記事を読む

no image

ダイエット開始から1年半

ダイエット開始してから1年半たったころ、食事制限をしたため76kgまで体重は減った。 しかし、

記事を読む

no image

人間ドックの結果をがん保険や生命保険の審査に使うと面倒なことになる

人間ドックの結果を、保険会社の外交員にそそのかされて、保険の審査の資料として提出した人は多い。

記事を読む

no image

再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。   「昼休みウォーキ

記事を読む

no image

ダイエット開始から6ヶ月

ダイエット開始から半年ほど経過したころ・・・・・   お昼休みの散歩は、ほとん

記事を読む

no image

HBs抗原・HBs抗体・HCV抗体と肝炎

肝機能障害と人間ドックに関するトリビアをひとつ。 肝臓の病気で、一般によく知られているのが、B

記事を読む

no image

非アルコール性脂肪肝に2種類ある

先日NHKで、脂肪肝が肝硬変になる可能性と肝臓がんに進行する可能性について特集していた。 それ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑