ダイエット中止後の5年間

公開日: : γ-GTP, ダイエット, 肝機能障害

もともと医者にいくことはめったになかったが、今回のγ-GTPの件で、完全に医者嫌いになってしまった。

 

社会的にも評価されていて高給取りでもあるはずなのに、素人でも調べればわかるような、いい加減なことしかいわない。最後は「体質」ということで片づけられてしまった。

 

今では、医者であっても専門外は「素人同然」であることを知っている。

私が通院した開業医は「外科」が専門で、内科とくに肝臓など無知に等しいらしい。

 

その医者と大病院で仕事をしていた看護師から、そのことを教えてもらった。

その「外科医」は、優柔不断で決断できないタイプの人で、何か起こるのではないかといつも心配だったそうだ。

 

iPS細胞で有名な山中教授は、「外科医としては落第だった」と自ら語っていたから、ある意味で仕方のないことかもしれないが、病気を不安に思っている患者にとっては迷惑でしかない。

山中教授は、実際に患者を診る「臨床」を捨てて研究の道に変更したからよいが、「外科医」は自ら開業して個人病院を経営し、専門外の「内科」も診察している。

 

個人病院だから、収入のために選り好みはできないのかもしれないが、患者のためを思うなら、すぐに専門医に紹介状を書くべきだろう。

よく調べずに受診した私の失敗ではあるのだが、私が医学に無知なのは私の責任ではない。

 

通院をやめた後も、ウォーキングのおかげで体重を78kgで安定させることはできた。

この体重が私には適しているようだ。

1年間は、この状態をキープすることができた。

 

しかし、仕事がおかしなことになり、就労時間と食生活が乱れはじめた。

ストレスで間食する習慣がつき、摂取カロリーも大幅に増えた。

ウォーキングをする精神的余裕もなくなり、みるみる体重が元に戻っていった。

 

ad

関連記事

no image

γ-GTPと脂肪肝と私のダイエット方法

私の場合、γ-GTPが384くらいであるほかは、尿酸値が基準値より少し高い程度で、血糖やコレステロー

記事を読む

no image

再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。   「昼休みウォーキ

記事を読む

no image

ダイエット開始から15ヶ月

ウォーキングは完全に日課になった。   歩くだけでは負荷が足りなくなり、歩きな

記事を読む

no image

ダイエット開始から1年半

ダイエット開始してから1年半たったころ、食事制限をしたため76kgまで体重は減った。 しかし、

記事を読む

no image

ダイエット開始から9ヶ月

9ヶ月経ったころ、まだダイエットは続けていた。   季節は冬になり、雪で外をウ

記事を読む

no image

ZTT・TTTでなにがわかるーーー肝機能障害の検査項目

肝機能の血液検査で、ZTTとTTT(チモール)は人間ドックに含まれていることが多い。 &nbs

記事を読む

no image

LDHで何がわかる?—肝機能障害の検査項目

肝機能の検査項目でLDHがある。 体内でブドウ糖がエネルギーに変わるときに働く、血中の酵素であ

記事を読む

no image

抗核抗体でなにがわかる?ーーー肝機能の検査項目

今回はじめて検査された抗核抗体とはどんな検査なのだろうか?   この検査は細胞

記事を読む

no image

ダイエット開始から3ヶ月

加糖された缶コーヒーからブラックコーヒーに変え、昼休みの散歩を始めて3ヶ月がたったころ。 体重

記事を読む

no image

総ビリルビンでなにがわかるーーー肝機能検査の検査項目

総ビリルビンは、ほぼすべての人間ドックの血液検査項目に含まれている。   古く

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑