ダイエット開始から1年9カ月

公開日: : γ-GTP, 人間ドック, 肝機能障害, 脂肪肝

ダイエット開始から1年と9カ月。

 

毎日30分のウォーキングと食事制限を続けていた。

もはや、体重が減ることはなかった。

無理をしているためか、筋肉量が落ち、疲れやすくなったと感じていた。

 

「外科医」の病院へ定期検査に行った。

今回は腹部超音波検査をする予定だった。

最初に採血しただけで、30分ほどして診察に呼ばれた。

「外科医」に、また節酒と運動のことを言われた。

 

この「外科医」は、前回のカルテなど見ていないのだ。

「前に来た時、腹部超音波をすると先生に言われたのですが、しないんですか?」

驚いたような顔をして、電子カルテの履歴を検索し始めた。

 

「あっ、ああ、腹部超音波は2年前にやったっきりですね。ご希望でしたらまた検査しますけど?」

当然、即答した。

それからまた、30分ほど待ち、腹部超音波検査をした。

 

改めて診察を受け、脂肪肝はほとんど消えていると言われた。

「きちんと節酒して、運動をこころがければ数値は下がりますから、さぼらずに努力してください」

それではまた3ヶ月後に、と付け加えられた。

 

私はたまらず、体重を20kg落としたこと、酒は飲まないこと、毎日運動していることを説明した。

最後に「もうこれ以上体重を落とすのは無理です」とはっきり言った。

 

「外科医」は電子カルテをみながら、無表情に言った。

「ああ、本当だ。20Kg減量してますね。じゃあ、体質でしょうからもういいんじゃないでしょうか?γ-GTPが高いからといって病気ではないですから・・・」

 

一瞬、頭に血が上ったが、怒鳴るのはやめた。

体力が衰えて、疲れやすくなっていたからだ。

 

無駄な努力を続けたような気がしたが、もう不愉快な「外科医」に会わなくてよい。

体重はあまり気にせず、昼休みのウォーキングだけを日課とした。

人間ドックでγ-GTPの異常を指摘されても、”体質”と思い、聞き流した。

 

しかし、何年も後のことになるが、厚生労働省の指導が厳しくなり、”体質”という言い訳が通用しなくなった。

会社の命令で、再び病院に行くようになるとは思っていなかった。

 

ad

関連記事

no image

抗核抗体でなにがわかる?ーーー肝機能の検査項目

今回はじめて検査された抗核抗体とはどんな検査なのだろうか?   この検査は細胞

記事を読む

no image

血液検査の採血に注意しよう

人間ドックや健康診断で、一度採血したのに、もう一度採血を頼まれたことがある人がいるはずだ。 &

記事を読む

no image

γ-GTPと脂肪肝と私のダイエット方法

私の場合、γ-GTPが384くらいであるほかは、尿酸値が基準値より少し高い程度で、血糖やコレステロー

記事を読む

no image

HBs抗原・HBs抗体・HCV抗体と肝炎

肝機能障害と人間ドックに関するトリビアをひとつ。 肝臓の病気で、一般によく知られているのが、B

記事を読む

no image

ダイエット開始から6ヶ月

ダイエット開始から半年ほど経過したころ・・・・・   お昼休みの散歩は、ほとん

記事を読む

no image

がん保険に入る前に確認が必要!!医療用語に不安になって無駄な保険に入らないために

人間ドックの結果を受け取って、がん保険に入る人が意外と多いそうだ。   人間ド

記事を読む

no image

ダイエット開始から9ヶ月

9ヶ月経ったころ、まだダイエットは続けていた。   季節は冬になり、雪で外をウ

記事を読む

no image

ダイエット開始から1年半

ダイエット開始してから1年半たったころ、食事制限をしたため76kgまで体重は減った。 しかし、

記事を読む

no image

ピロリ菌と除菌について

人間ドックについてのトリビアです。 最近、オプション検査でピロリ菌の検査を望む健保が多くなった

記事を読む

no image

ダイエット中止から3年後

仕事がおかしなことになって、昼休みのウォーキングもままならなくなった。 コーヒーは「大人の味」

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑