ダイエット開始から1年

公開日: : γ-GTP, ダイエット, 肝機能障害

ダイエット開始から1年が経過した。

昼休憩のウォーキングは毎日続けていた。

 

体重は1年前から比べると10kg近く落ちた、それでもまだ85kgあった。

コーヒー好きは相変わらずだが、ブラックコーヒーを好むようになり、砂糖入りがおいしく感じなくなった。

腹囲は測っていないが、ベルト3つ分しまるようになった。

 

「外科医」の病院にも通院し、血液検査を受けていた。

今回もγーGTPを検査したが、はじめて280に落ちていた。

50以下が正常値なのだが、今まで300以上から落ちたことがない。

 

自分としては、努力の成果がでた快挙だった。

「外科医」は相変わらず診察でこちらをみず、飲酒を控えることと運動するようにという。毎回同じことしか言わない。

1年前から10kg体重を落としたことも、γーGTPが100落ちたことも分かってないようだ。

 

過去の経過を見ないのは、忙しいとはいえ医者として怠慢だと思う。

(このときは、まだこの医者が「外科医」とは知らなかった。というか医者は専門以外は素人同然ということがわかってなかった)

 

腹立たしくは感じていたが、γ-GTPが正常値にすこし近づいたことに満足していたので、このまま通院することにした。

医者はアドバイスするだけで、実際に努力して改善したのは自分自身の力だという自信があった。

ad

関連記事

no image

ALPで何がわかる?---肝機能障害の検査項目

ほとんどの人間ドックの検査項目に含まれている血液の検査項目で、ALP(アルカリホスタファーゼ)がある

記事を読む

no image

コリンエステラーゼ(CHE)で何がわかる?---肝機能障害の検査項目

肝機能に関する検査項目でコリンエステラーゼ(CHE)がある。 この検査項目単独で、何かの病気・

記事を読む

no image

ダイエット開始から15ヶ月

ウォーキングは完全に日課になった。   歩くだけでは負荷が足りなくなり、歩きな

記事を読む

no image

会社の指導でまたγ-GTPの通院することになった

仕事がおかしくなってゴタゴタ続きに嫌気がさし、退職した。 およそ3ヶ月後に再就職できた。

記事を読む

no image

γ-GTPと脂肪肝と私のダイエット方法

私の場合、γ-GTPが384くらいであるほかは、尿酸値が基準値より少し高い程度で、血糖やコレステロー

記事を読む

no image

すべては9年前の人間ドックからはじまった・・・・・・

9年前。 はじめて人間ドックなるものを受けた。 最初は初めてのことに緊張し、いわれるがま

記事を読む

no image

再びγ-GTPの治療で通院。肝臓専門医は役に立つか?

会社の人事からγ-GTPの治療で通院するように言われた。 今回選んだ病院の肝臓専門医は、前回診

記事を読む

no image

抗核抗体でなにがわかる?ーーー肝機能の検査項目

今回はじめて検査された抗核抗体とはどんな検査なのだろうか?   この検査は細胞

記事を読む

no image

ダイエット開始から6ヶ月

ダイエット開始から半年ほど経過したころ・・・・・   お昼休みの散歩は、ほとん

記事を読む

no image

1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅くなってしまった。 &nb

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑