ダイエット開始から6ヶ月

公開日: : γ-GTP, ダイエット, 肝機能障害

ダイエット開始から半年ほど経過したころ・・・・・

 

お昼休みの散歩は、ほとんど毎日続けていた。

はじめのころ、雨の日は散歩に出なかったのだが、お昼休みの暇潰しに困るようになった。

身体も何か物足りなく感じるようになり、ついには傘をさして外に出るようになった。

まるで散歩をねだる飼い犬状態だ。

さすがに、会社の同僚の人たちは呆れていた。(^_~;;)

 

最初の停滞期を乗り越え、月間で800gずつは確実に体重が落ちるようになった。

 

腹部の脂肪はそれほど落ちてないのだが、足の筋肉が鍛えられたせいか、ズボンの太ももがダブダブになり、引き締まった感じがした。

 

この頃には「散歩」というより、少し早足で「ウォーキング」のレベルになっていた。

 

食事の量はあまり変わらないが、最初に野菜を沢山食べるようにしていた。

当時のテレビ番組で見たことを実践しただけだが、これが効果があったかどうかは不明。

(個人的感覚では、関係ないと思う)

 

「外科医」の病院に、定期の血液検査のため通院した。

相変わらずγ-GTPは、300以上あった。

「外科医」は、飲酒をやめて運動をしてくださいと言った。

 

せめて、前回のカルテをきちんと読んで欲しいのだが、こちらのほうは一度も見ることなく、診察は終了した。

文句を言ってやりたいが、5kgも体重を落としたのに、γ-GTPがほとんど改善していなかったのでは、説得力がない。

怒りを内に秘め、ダイエットを続けることにした。

 

ad

関連記事

no image

ダイエット開始から1年

ダイエット開始から1年が経過した。 昼休憩のウォーキングは毎日続けていた。  

記事を読む

no image

会社の指導でまたγ-GTPの通院することになった

仕事がおかしくなってゴタゴタ続きに嫌気がさし、退職した。 およそ3ヶ月後に再就職できた。

記事を読む

no image

γ-GTPと脂肪肝と私のダイエット方法

私の場合、γ-GTPが384くらいであるほかは、尿酸値が基準値より少し高い程度で、血糖やコレステロー

記事を読む

no image

肝機能障害に脂肪肝が追加された

近所の「外科」の個人病院で、肝機能障害と診断された。   「毎日お酒を飲むのを

記事を読む

no image

抗核抗体でなにがわかる?ーーー肝機能の検査項目

今回はじめて検査された抗核抗体とはどんな検査なのだろうか?   この検査は細胞

記事を読む

no image

ダイエット中止から3年後

仕事がおかしなことになって、昼休みのウォーキングもままならなくなった。 コーヒーは「大人の味」

記事を読む

no image

コリンエステラーゼ(CHE)で何がわかる?---肝機能障害の検査項目

肝機能に関する検査項目でコリンエステラーゼ(CHE)がある。 この検査項目単独で、何かの病気・

記事を読む

no image

ダイエット開始から1年9カ月

ダイエット開始から1年と9カ月。   毎日30分のウォーキングと食事制限を続け

記事を読む

no image

すべては9年前の人間ドックからはじまった・・・・・・

9年前。 はじめて人間ドックなるものを受けた。 最初は初めてのことに緊張し、いわれるがま

記事を読む

no image

ダイエット開始から3ヶ月

加糖された缶コーヒーからブラックコーヒーに変え、昼休みの散歩を始めて3ヶ月がたったころ。 体重

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑