1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

公開日: : γ-GTP, ダイエット, 医療, 肝機能障害

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。

いわれた時期よりも遅くなってしまった。

 

この医者にも前回「メタボ」と決めつけられた態度をとられたので、やる気がそがれていた。

もちろん毎日のウォーキングを続けているが、体重計を見ることはなくなった。

 

今回も採血をして、結果は次の日に電話で確認するよう言われた。

 

検査結果は、前回のγ-GTPとほとんど変化なかった。

その時「体質かもしれないが、定期的に検査をしましょう。また来年きてください」と言われた。

そして忙しそうに電話を切られた。

 

前に受診していた「外科医」にも2年以上の通院のあげく、「体質」という”診断”をされた。

「体質」???便利な言葉だ。

 

医者のいう「胃炎」「肺炎」などの一般的な病名は”ゴミ診断”というらしい。

原因がよくわからないときレセプト請求のために、あたりさわりのない病名をつけるのだ。

「体質」は病名ではないが、患者をごまかす都合のよい言葉だ。

 

もう今までの問診やカルテなど見てはくれないのだろう。

 

自分の身体のことだから手を抜くことはできないが、診断をする医者がいい加減では不安が募るばかりだ。

 

ad

関連記事

no image

総ビリルビンでなにがわかるーーー肝機能検査の検査項目

総ビリルビンは、ほぼすべての人間ドックの血液検査項目に含まれている。   古く

記事を読む

no image

コリンエステラーゼ(CHE)で何がわかる?---肝機能障害の検査項目

肝機能に関する検査項目でコリンエステラーゼ(CHE)がある。 この検査項目単独で、何かの病気・

記事を読む

no image

意外と怖い脂肪肝

私はγ-GTP高値と、「脂肪肝」の診断名がついている。   肝臓は脂肪を燃焼さ

記事を読む

no image

γ-GTPと脂肪肝と私のダイエット方法

私の場合、γ-GTPが384くらいであるほかは、尿酸値が基準値より少し高い程度で、血糖やコレステロー

記事を読む

no image

全大腸内視鏡検査は簡単に実施できない

相変わらずテレビ番組で、人間ドックや医者が出演する”医療情報番組”が多い。  

記事を読む

no image

LDHで何がわかる?—肝機能障害の検査項目

肝機能の検査項目でLDHがある。 体内でブドウ糖がエネルギーに変わるときに働く、血中の酵素であ

記事を読む

no image

ピロリ菌と除菌について

人間ドックについてのトリビアです。 最近、オプション検査でピロリ菌の検査を望む健保が多くなった

記事を読む

no image

肝機能障害に脂肪肝が追加された

近所の「外科」の個人病院で、肝機能障害と診断された。   「毎日お酒を飲むのを

記事を読む

no image

ZTT・TTTでなにがわかるーーー肝機能障害の検査項目

肝機能の血液検査で、ZTTとTTT(チモール)は人間ドックに含まれていることが多い。 &nbs

記事を読む

no image

再びγ-GTPの治療で通院。肝臓専門医は役に立つか?

会社の人事からγ-GTPの治療で通院するように言われた。 今回選んだ病院の肝臓専門医は、前回診

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑