eGFRで腎機能低下を知る

公開日: : トリビア, 人間ドック, 医療

最近、テレビの健康・医療番組で慢性腎臓病(CKD)について特集されることが多い。

その指標として、eGFR(推算糸球体濾過量)という項目が使われる。

eGFRの値が、60以下ならば医療機関を受診して、治療を開始する必要がある。

 

腎機能は肝機能ほどポピュラー(?)ではないが、人間が生きていく上で必須の臓器だ。

腎機能が破壊されると、食事制限はもちろん、ほとんど毎日病院に通って透析をすることになる。

 

生活習慣病になっているにもかかわらず改善に無頓着な人が多いが、そういう人は遅かれ早かれ透析のお世話になる。

腎臓は一度悪化すると、機能が回復することがない。また、腎機能低下は糖尿病や高血圧なども併発することが多く、こうなると悪循環で一気に透析が必要な状態になってしまう。

 

ベテランの医師や看護師は数値を見ただけで先がわかるらしい。

「5年後には透析だね。医療費の無駄だ」とか聞こえないところで言っている。

 

透析はかなりつらい処置で、血液を装置に取り出して老廃物を除去した後、また体内に戻す。

4時間くらいかかるらしい。

体力がない老人は途中で脱糞したり、容体が急変して心臓発作を起こすこともある。

 

eGFRは、腎機能の状態を数値で表すことができる。

クレアチニンの値と性別・年齢を、計算式にあてはめて算出する。

計算式は積分の知識が必要なので、自動計算してくれるホームページで確認するとよい。

 

人間ドックでも、最近なにげなく項目に追加されていることが多いと思うので、自分の腎機能の状態を確認するとよい。

 

 

ad

関連記事

no image

無駄な医療

日経新聞の書評で、挑戦的なタイトルの本を紹介していた。 「絶対に受けたくない無駄な医療」 日経

記事を読む

no image

健康な胃腸にもポリープはできる??

この記事の内容は、看護師をしている知人からのまた聞きなので、本当かどうかの確証はないことをはじめに断

記事を読む

no image

HBs抗原・HBs抗体・HCV抗体と肝炎

肝機能障害と人間ドックに関するトリビアをひとつ。 肝臓の病気で、一般によく知られているのが、B

記事を読む

no image

また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていたが、少し遅れて5ヶ月後の検査と

記事を読む

no image

コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異常かを判断する基準が少しややこ

記事を読む

no image

総ビリルビンでなにがわかるーーー肝機能検査の検査項目

総ビリルビンは、ほぼすべての人間ドックの血液検査項目に含まれている。   古く

記事を読む

no image

意外と有用な便潜血による大腸がん検査

今回も人間ドックの検査に関する「トリビア」をひとつ。   ほとんどの人間ドック

記事を読む

no image

逆流性食道炎と胃食道逆流症

人間ドックのトリビア。   知人の人間ドックで、「逆流性食道炎」という所見がつ

記事を読む

no image

人間ドックの結果を活用する気がない人

人間ドックを毎年受けていて、異常値の項目がたくさんあるのに治療しない人が多いらしい。 予防医学

記事を読む

no image

ALPで何がわかる?---肝機能障害の検査項目

ほとんどの人間ドックの検査項目に含まれている血液の検査項目で、ALP(アルカリホスタファーゼ)がある

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑