胸部CT検査と放射線と喫煙と

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 がん保険, トリビア, 人間ドック

私の肝機能障害とダイエットには関係ないが、私が人間ドックについて調べた結果、「へぇー」と思った知識を紹介したい。

 

毎年、人間ドックを受ける人で、必ず胸部CT検査をオプションで追加する人がいる。

その人たちのほとんどが、喫煙者で肺がんを早期発見したいらしい。

 

当然のことながら、喫煙は肺がんのリスクを高める。

 

いっけん、胸部CT検査を毎年実施することが、早期発見につながるように錯覚する。

 

ここで考えるべきことがある。

CT検査は一般のレントゲン検査の数百倍の放射線量を人体に照射する。

一回CT検査をすると、百年分のレントゲン検査をするのと同じ被爆をする。

 

当然、放射線被爆による「がん発生」の可能性は高くなり、肺がんを見つけようとして、がんになるリスクを数百倍高めているのだ。

ある研究によると、通常の胸部レントゲン検査を毎年受けるだけでも、がんの発生率が高くなるというものもある。

女性の乳がん検査で、厚生労働省が推進しているマンモグラフィー検査も放射線を使用している。

上記の研究を当てはめると、乳がんを見つけようとして、乳がんの発生率を高めている可能性がある。

 

なにを言いたいかというと、CT検査の放射線で肺がんになったのに、それを早期発見だと思って喜んでいるケースもある、ということだ。

肺がんの原因が喫煙でなくCT検査なのである。

本末転倒だ。

 

喫煙をやめられないなら、肺がんは運命として潔く受け入れるしかないだろう。

肺がんを気にするならCT検査をするのではなく、禁煙外来に行って喫煙をやめるのが一番よい。

そういうお話である。

ad

関連記事

no image

人間ドックの結果をがん保険や生命保険の審査に使うと面倒なことになる

人間ドックの結果を、保険会社の外交員にそそのかされて、保険の審査の資料として提出した人は多い。

記事を読む

no image

総ビリルビンでなにがわかるーーー肝機能検査の検査項目

総ビリルビンは、ほぼすべての人間ドックの血液検査項目に含まれている。   古く

記事を読む

no image

医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数に対してとは別に、”病院の数”

記事を読む

no image

ダイエット開始から3ヶ月

加糖された缶コーヒーからブラックコーヒーに変え、昼休みの散歩を始めて3ヶ月がたったころ。 体重

記事を読む

no image

クローン病と潰瘍性大腸炎

BSのディーライフで「ドクター・ハウス」というアメリカのテレビシリーズにはまっている。 医学用

記事を読む

no image

血液検査の採血に注意しよう

人間ドックや健康診断で、一度採血したのに、もう一度採血を頼まれたことがある人がいるはずだ。 &

記事を読む

no image

コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異常かを判断する基準が少しややこ

記事を読む

no image

ダイエット開始から1年9カ月

ダイエット開始から1年と9カ月。   毎日30分のウォーキングと食事制限を続け

記事を読む

no image

コリンエステラーゼ(CHE)で何がわかる?---肝機能障害の検査項目

肝機能に関する検査項目でコリンエステラーゼ(CHE)がある。 この検査項目単独で、何かの病気・

記事を読む

no image

すべては9年前の人間ドックからはじまった・・・・・・

9年前。 はじめて人間ドックなるものを受けた。 最初は初めてのことに緊張し、いわれるがま

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
1年経過後の再検査----「体質」のせい!?

「肝臓専門医」に3度目の再検査に行った。 いわれた時期よりも遅く

no image
コレステロール値の見方——LDL/HDL/TG(中性脂肪)

LDLコレステロール、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)は正常か異

no image
医者の転職についてのお話—-(あくまで伝聞です)

日本は医療拠点の集約が進んでいないため、病院の数が無用に多く、患者の数

no image
また5カ月後の再検査ーーー完全にメタボ患者扱いされている

「肝臓専門医」に2度目の再検査に行った。 4ヶ月後と言われていた

no image
再びダイエット、4ヶ月後再検査

「肝臓専門医」に通院し、再びダイエットすることになった。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑